あなたは缶詰にどういったイメージを持つでしょうか?缶詰と言えば保存食のイメージなどもあり、好き嫌いが分かれるといった印象があります。ですが今回紹介する高級缶詰を知ることで今までの缶詰のイメージを”ガラッ”と変えることができます。

 

また、贈答品などの贈り物にもピッタリな商品でもあるので何を送ろうかなどで毎回悩んでしまう人にもおすすめの商品でもあります。

 

「なぜ“高級缶詰”なの?」と思うかもしれませんが高級缶詰には他の贈り物にはない素晴らしい理由が3っつあるのでその理由を見ていきましょう。

 


 

高級缶詰モンマルシェを選ぶ理由


高級缶詰を選ぶ理由とは何なのか?

 

それには三つの理由があります。

 

  1. 美味しい
  2. 保存期間が長い
  3. 使えるシュチュエーションが豊富

 

この三つがあるだけでお取り寄せだけでなく、ギフトとしても他の贈り物にはない良い差別化ができるのです。

 

美味しい

お取り寄せするにしても、贈答品として送るにしても“美味しい”というのは第一にクリアするべき点です。当たり前ですがせっかく送られてきたものがおいしくなければだれも喜んくれないのは当然のことです。

 

ではなぜ高級缶詰の「モンマルシェ」を選ぶのか?

 

それは、

 

歴史 :1929年に日本初のツナ缶を製造した清水食品を前身に、ツナ缶製造の歴史では日本一長い実績があります。
素材 :世界三大漁場の一つ、三陸沖の一本釣り夏びん長まぐろのみを限定使用。
漬け油:イタリア料理で最高級のエキストラバージンオリーブオイルと高級料亭で使用される綿実油の2種を用意。

 

という裏打ちされた「歴史」「素材」があるからです。
長い間生き残ってきたという事はそれだけ商品の魅力とお客様のへの愛情がなれば生き残れません。

 

保存期間が長い

保存期間が長い食材は送ってこられた人からしたらとても助かりますよね。

 

缶詰の保存期間は以下になります。

 

缶詰の一般的な賞味期限

缶詰の賞味期限は、水産缶詰は製造日から3年、果実缶詰で2〜3年、野菜缶詰2〜3年、畜産缶詰は3年だといわれています。また、中身によって異なりますが、一般的な賞味期限を3年に設定しているそうです。ただし、これは未開封だった場合です。2〜3年経てば賞味期限が切れるということを覚えておくといいですね。しかし、これはあくまでも缶詰がおいしく食べられる目安だそうですよ。時間が経てば、少しずつ味は落ちていきます。
缶詰の賞味期限は?期限切れでも食べてOK?缶詰に関するアレコレ」より引用

 

これだけ保存期間が長ければ「せっかく買ったものをダメにしてしまった!!」という悲しい思いをせずにすみますね。お中元などの贈り物が良く届くシーズンで「気付かずにいつの間にか“期限”を切らせてしまった」という失敗もないので安心です。

 

使えるシュチュエーションが豊富

缶詰が重宝される点としてあげるとすればどんなシュチュエーションでも活躍する、という点です。

 

例えば、

  • 家でおかずが少ないとき
  • キャンプでの保存食として
  • 災害時の非常食として

 

「いつでも食べられる」、「コンパクト」、「頑丈」などなど、どんな場面でも使えるので持っていても場所によってはすぐに必要な時もあるので何個あっても困らないですね。

 

お中元などの贈答品としても喜ばれる


お祝いやお返しで何を送ろうかと悩んでいる人はとても多いのではないでしょうか。

 

いつもお世話になっている人にどんなものを送れば喜んでもらえるかと思うのは当然のことですよね。

 

相手にも「ありがとう」や「助かります」など言っていただけたらとてもうれしいですよね。

 

でも、

  • 洗剤
  • ハム・ソーセージ
  • ジュース

などさまざまなギフトがあっていろいろ悩んでしまいませんか?
ですがそういった悩んだ時に助けてくれるのが高級缶詰でもあります。では“高級缶詰”のいい点は何でしょうか。

 

高級なもので日ごろの感謝を

日頃からお世話になっている方に贈答品を送るという事であれば「できるだけ良い物を送りたい」と思うのではないでしょうか。
そういった時に喜ばれるのがこの“高級缶詰”である“モンマルシェ”です。

 

なぜなら上で述べた通り

  1. 美味しい
  2. 保存期間が長い
  3. 使えるシュチュエーションが豊富

 

が満たされているからです。もしあなたがこの三つを兼ね備えたギフトを送られてきたらどう思うでしょうか?
いくつもらっても嬉しくないという事はないですよね。

 

いつでも食べられるという配慮

いつでも食べられるというのは相手に対しての配慮にもなります。缶詰は長い物で保存期間が3年はあります。

 

なので時期にも左右されませんし、出来上がった料理をそのまま密閉しているので料理の手間もいらずにそのまま食べることがきます。

それはあなたがお取り寄せで“モンマルシェ”を購入するときも一緒です。

 


 

いざという時、食事の一品に


食事の一品にもなるというのは贈答品で送る場合もお取り寄せでモンマルシェを購入する場合も日常でとても助かるのではないでしょうか。

 

  • 仕事で疲れてご飯を作る気力がわかない時
  • 思ったよりおかずの量が少なかった時
  • 晩酌のおつまみに

 

ポイントは
いつでも手間がかからずに美味しい物が食べれるということです。

 

アレンジして違う一品にも

モンマルシェのいい点はそのままでも十分おいしくても料理してアレンジすればさらにおいしくなるという点です。
下記はモンマルシェをアレンジした料理のレシピサイトになります。

 

モンマルシェの缶詰を使ったレシピ

 

見てもらえばわかると思いますが缶詰を使った料理でここまでクオリティの高い料理が出来るのは驚きですね。

 

急な来客にも対応できる

お客さんって急に来ることがありますよね。

 

「旦那さんが連れてくる会社の上司や部下」
「飲み会からの流れで自宅で飲むことに」

 

という事もあるかもしれません。
そんなときにも助かるのが缶詰の存在です。これが家にあるかないかでこういった時の対処や気持ちの持ちようも変わってきますね。

 

「備えあれば憂いなし」はこういう時にも言えるのです。

 

災害の時のこころの支えになる

災害時の強い味方になるのも缶詰のいい所でもあります。最近の地震や台風などの自然災害は頻度・被害ともに増えていることが分かっています

 


2019年版「中小企業白書」┃中小企業庁」より引用

そんな現代の災害事情の中で非常食になる缶詰を選ぶことも、もしもの事態にそえる中で重要な要素になってきます。

 

非常食のイメージを壊す

なぜ非常食を選ぶ上で缶詰を選ぶことが重要になってくるのか?

 

それは災害時に唯一、こころが安らぐ時間が食事の時間になるからです。避難中、またいつ起きるかわからない災害に怯えながら過ごしていても、人はゆっくり食事をしたいと思うものです。

 

そんなときに食べる食事がおいしいくなければちょっと気が滅入ってしまいますよね。あなたの先入観に「非常食は美味しくない。」というイメージはないでしょうか?

 

今までは長期保存がきき災害時に食べるというイメージの付いた食品はあまりおいしいイメージはもたれませんでした。ですが現代ではそれがえらべるのです。

 

災害時の唯一の楽しみである食事が“美味しい物”であれば精神的につらい状況でも多少でも心を落ち着かれてくれるものになるのではないでしょうか?

 

非常食は何日間もてばいいのか

ここで気になってくるのが非常食は何日間持てばいいのかという事だと思います。

 

大きな災害が起きた時に様々なライフラインが復旧するのは、大体3日かかると言われています。レトルトなどいろいろな非常食を準備すると思いますが、缶詰を一日に1・2個消費すると考えた場合、一人にたいして常備して缶詰は大体6個ほどでしょうか。

 

その他の災害時に準備する食材など気になる方は「非常食はどのくらい必要?スーパーでも買える?おすすめ30アイテム」を確認しましょう。

 

最後に

“高級缶詰「モンマルシェ」”を選ぶべき理由をわかっていただけたでしょうか。

 

お取り寄せで購入する方は「日頃の自分や家族に対してのご褒美として」。
贈答品などのギフトとして送られる方は「日頃の感謝を高級品でお返ししたい」。

 

というさまざまなシュチュエーションでもいい思い出になる素晴らしい商品です。

 

タイミングを気にせずにお世話になっている方に贈るというのもいいサプライズになるかもしれないですね。